MENU

産後の育毛剤を選ぶ時の重要な3つのポイント

産後の育毛剤選びの大事なポイントはこれ!

 

育毛剤の中でも、色々な種類があります。例えば、男女兼用だったり女性用でも分け目に限定するものだったりなどです。ハッキリ言ってそのあたりを言い出したらきりがないのが現実なんですね。そうした時、「一体何を基準にしたらいいんだろう?」「どうすれば自分がもとめている育毛剤を手に入れることが出来るんだろう。」って考えた時、ここのポイントを押さえていれば間違いないよ!ってポイントがあるんです。

 

 

少しでも優柔不断だったり、迷ったりしてしまう人は、「まったく違ったものを買っちゃった・・」なんてことにならないために次の3つのポイントを押さえてくださいね。その3つのポイントと言うのは、@成分 A副作用 B低刺激(敏感肌・アトピーに大丈夫)です。早速なんだけど、具体的にどんなことなのか見ていきましょう。

 

 

産後の育毛剤選び:ポイント@成分

 

成分についてなだけど、ここでのポイントはどれだけ成分が含まれているかではなくて、どれだけ安全な成分を中心に作られている育毛剤なのかってことなんですね。確かにあって悪いものじゃないので、有効成分がたくさん入ってるって言われるととてもいいように聞こえちゃいますが、もしその中に「産後」という条件ではよくないものが入ってたら全く意味がありません。

 

 

選ぶ基準としては、まず基本的に「天然由来」「無添加」は絶対です。産後と限定しなくても、普通の育毛剤でも最近ではすべて「天然由来」「無添加」にこだわって作ってるものはたくさんあります。育毛剤ではよく耳にする「センブリエキス」などもあるんですが、ここでは「セファランチン」に注目したいと思います。

 

 

「セファランチン」とはとても安全性の高い植物から抽出された成分なんです。育毛剤の成分以外では、医療用としてアレルギー症状の緩和や血流を良くしたりするような作用を持っています。もちろん医療の現場でも使われる「セファランチン」。安全性はデリケートな時期の産後であっても問題ありません。

 

 

特に産後という特別な条件では、とても効果的に安全に作用します。「セファランチン」を使っている産後専用の育毛剤はとてもすくないんだけど、絶対に「セファランチン」を使っている産後専用育毛剤を選ぶのがいいでしょう。

 

 

産後の育毛剤選び:ポイントA副作用

 

育毛剤の副作用??って思う方もいるんじゃないでしょか?確かに、育毛剤で副作用って言葉はあまり使わないかもしれませんが、「頭皮の肌荒れ」や「かゆみ・痛み」って言ったような症状をここでは副作用としています。

 

 

産後の女性は、今まで妊娠中に豊富だった栄養も少なくなり、さらにバリア機能も低下しているような状態なんです。そんな時、刺激がつよい育毛剤を使ってしまうと思っている以上に簡単に肌や髪の毛のトラブルの原因になってしまいます。もっと言ってしまうと、特に刺激が強くない普通のものでさえ敏感な状態になってる「産後」では、トラブルの原因です。

 

 

ここでしっかりと気がけてみて頂きたいのは、出来るだけ低刺激なものをしっかり選ぶということです。産後、少しでもトラブルがあると「ストレス」に感じてしまいます。そんな時期に、たかが肌荒れかもしれませんが、それが原因で他の症状が起ってしまうってことも珍しくありません。

 

 

 

産後の育毛剤選び:ポイントB敏感肌・アトピー

 

実際アトピーの人はそんなにたくさんはいないかもしれませんが、敏感肌の方はかなりいます。ポイントAでも言いましたが、産後はとにかくデリケートな時期です。睡眠不足、栄養不足など、ママの状態がとてもいいとはいえません。もともと敏感肌の人などは、産後はさらに敏感になってしまうと言われています。

 

 

知ってる人はわかりますが、敏感肌やアトピーの人が気を付けないといけないのが、「育毛剤に含まれるアルコール分」。通常の女性用育毛剤は産後という特別な条件での設定がないため、アルコール分に対してそんなに気を使ってるものが少ないです。だけど、産後専用の育毛剤に限ってはしっかりと「低エタノール配合」で作ってる育毛剤もあります。ポイントとしてしっかりアルコール分の記載には目を通しておくべきです。

 

 

産後の育毛剤選びは効果効能+安全性が必要

 

産後の育毛剤を選ぶ時の3つのポイントをあげてきましたが、産後専用の育毛剤に求められている条件としては「十分な効果と効能」、「産後だけど問題ない安全性」です。

 

 

私自体、長年育毛剤の開発に携わってきましたが、同じ育毛剤でも「産後用」ってことではかなり変わってくるのが現実なんですよね。育毛剤というくくりは同じなんだけど、使ってる成分もかわってきますし、配合もかな違います。感覚的には、男性用と女性用の育毛剤ぐらい変わってきます。それぐらい違うんです。

 

 

産後の育毛剤を選ぶ時には、その中でも上記の3つのポイントをしっかりと考えて選ぶことが、間違わず自分が今1番必要とする育毛剤に出会える近道なんですね。

産後の抜け毛の予備知識

部位別抜け毛対策法

育毛剤ってホントに効くの?安全で正しい選び方講座

産後の抜け毛体験談

産後の抜け毛Q&A

このページの先頭へ