MENU

産後の抜け毛・薄毛は女性ホルモンの影響によるもの

産後の抜け毛・薄毛は女性ホルモンの影響によるもの

 

妊娠〜出産の後、急に抜け毛が多くなって悩んでいるという女性から、『産後の抜け毛と普通の抜け毛の違いって何かあるんでしょうか?』という質問がよく聞かれます。産後の抜け毛や薄毛というのはどういうものなのかを理解することで、普通の抜け毛との違いが明らかになっていきます。産後の抜け毛や薄毛は、産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれるもので、産後に女性が経験する悩みの中では、体重増加に次いで2位に位置するほど、多くの女性が抱える悩みの1つなのです。

 

なぜ産後に抜け毛や薄毛が多くなる?

 

産後に抜け毛が多くなったり薄毛で悩まれる原因の多くが、女性ホルモンから受ける影響によるものです。妊娠中は、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が多くなります。これは赤ちゃんが成長しやすよう体の状態を整える為で、プロゲステロンは妊娠中の女性の体に大変重要な役割をしている女性ホルモンなのです。
このプロゲステロンの影響で、普通は自然な髪の生え変わりのサイクルで抜ける筈の髪が、抜けずに留まり続けることが多くなります。その為、妊娠中に髪の量が増えた感じや、体毛が毛深くなった感じを受ける女性も多くなるのです。
それが、主産したことでプロゲステロンが多く分泌されることの必要性がなくなり、元のホルモンバランスに戻ると、妊娠中に抜けずに留まり続けた髪が一気に抜けてくるようになるのです。これが産後の抜け毛や薄毛に悩まれる女性の体の仕組みです。
自然な髪の生え変わりのサイクルによる抜け毛にプラスされるように、妊娠中に留まり続けた髪も抜けてくるのですから、抜け毛の量の多さに悩まれるのも当然な出来事です。

 

どれくらいの期間で元の髪に戻れる?

 

自然な髪の生え変わりのサイクルを大きく分類すると、新しい髪が生え成長を続ける「成長期」、成長を終えた髪が抜ける「後退期」、新たな髪が生えるまでの準備期間の「休止期」に分けられます。
産後のホルモンバランスの変化で一気に抜けた髪が、それぞれ新たな髪が生えるまでの準備期間である「休止期」に入ってしまうことで、抜け毛と共に薄毛に悩む状態が続きます。休止期の期間は2〜3ヶ月とされていますので、それを過ぎれば徐々に新たな髪が生え始めて、段々と自然な髪の生え変わりサイクルに乗りながら元の髪へ戻っていきます。個人差はありますが、産後半年〜1年を掛けてゆっくりと戻っていくものと考えれば良いと思います。

 

何か対策するべきなのか?

 

産後の抜け毛や薄毛は、女性ホルモンの変化による自然なものなので、特に心配する必要はないと思います。しいて言えば、生活環境を整えることでしょうか。規則正しい生活や、睡眠時間を多くとること、ストレスを溜めないことなどが挙げられます。これは、出産に関わらず普通の抜け毛に悩まれている方にも共通して言えることではないでしょうか。
新たに生えてくる髪に対して思うなら、良質な食事から様々な栄養素を摂ることが大切かもしれません。育児中で忙しく、なかなか料理に時間を割けないことも多いと思いますが、髪の成長に必要な、牛乳や小魚、チーズなどに含まれる「カルシウム」や、大豆、肉、卵などに多く含まれている「たん白質」などの食品を選ぶと良いと思います。

 

自然なものだと思いあせらずに

 

女性にとって髪が抜けたり薄毛となるのは、大変辛い時期かもしれませんが、産後の抜け毛や薄毛は普通の抜け毛と異なり、女性ホルモンの影響での自然なものですから、髪の生え変わりのサイクルに任せ自然に戻っていくのを気長に待ちましょう。まずは抜け毛や薄毛の思いにあせることなく、赤ちゃんの健やかな成長を願いましょう。

産後の抜け毛の予備知識

部位別抜け毛対策法

育毛剤ってホントに効くの?安全で正しい選び方講座

産後の抜け毛体験談

産後の抜け毛Q&A

このページの先頭へ