MENU

なかなか戻らない産後の薄毛を治す、誰でもできるマル秘テクニックを伝授

産後の抜け毛が起こる理由について

出産後に抜け毛が増えて薄毛進行するという方は多く、毛髪を洗浄している時やブラッシング時に抜け毛が多くて驚くという例は多々あります。

 

産後の抜け毛が起こる理由はホルモンバランスの崩れであり、産後7か月前後辺りで起こる事が多く、男性のハゲのような局所的に抜け落ちるというよりは、毛髪全体のボリュームダウンを実感するものです。

 

妊娠中に女性ホルモンが増えますが、女性ホルモンが増えれば抜け毛が起こり難くなり、それが体毛を濃くさせる要因にもなります。

 

出産後は女性ホルモンが一気に減って、逆に抜け毛が増えてしまうという例が多く、こうした女性ホルモンの働きが産後の薄毛原因として挙がりますが、他にも生活習慣の変化やストレスも多大な影響を与えるものです。

 

抜け毛によって悩む事によるストレスが悪循環を産んだり、不慣れな子育ても大きなストレスとなり、抜け毛促進させる可能性があります。

 

 

産後抜け毛が起こる時期とは

産後抜け毛が女性ホルモンやストレスの働きから来るものと解っても、なかなか元に戻らずに悩みを抱えていて、一体いつまで続くのか気になる所です。

 

そもそも毛髪はヘアサイクルを繰り返すものであり、健康的に生えた毛もいつかは抜け落ちるのは自然であり、一般的には成長期、退行期、休止期という流れを繰り返す仕組みになります。

 

毛髪が生える時期は成長期で2年から6年の期間があり、そこから毛が抜ける退行期が2.3週間、次の毛髪が生えるまでの休止期が2.3週間という流れです。

 

産後抜け毛が起これば一気に休止期に入ってしまいますから、2.3か月程度で再び毛量が増えてきて、元通りのサイクルに戻る事になります。

 

大体産後すぐから抜け毛が始まって、産後6ヶ月辺りまでに戻り、遅い場合でも産後1年程度で戻る事が一般的ですが、戻らない産後の薄毛が起こっている場合は、ヘアケア商品を使ったり、生活習慣を改善させて治療が望ましいです。

 

 

戻らない産後抜け毛を治す方法

なかなか戻ってくれない産後抜け毛の場合は、頭皮環境の改善や栄養摂取、ストレス発散や規則正しい生活習慣を心掛ける事が必要です。

 

産後はすぐに赤ちゃんの世話を行う必要があり、それまでの生活から一変して赤ちゃん中心の生活になりがちになります。

 

規則正しく食事したり睡眠を取る事が難しくなり、それが大きなストレスとなって産後抜け毛が戻らないというパターンは本当に多いですから、家族全体で生活習慣を見直す事は必要です。

 

不規則な生活やストレスは、疲労蓄積させたり血流悪化に繋がり、毛髪に栄養成分が巡り難い状態を産みますから、血流改善を促す為にも食事や睡眠を充実させる事は必要と言えます。

 

ヘアケアも頭皮環境を改善させる育毛シャンプーを利用したり、頭皮に栄養成分を与える育毛剤利用をする事も有効であり、母だけで赤ちゃんの面倒を見る事は難しいですから家族の協力を得て生活習慣を整える事が望ましいです。

 

産後時期でも利用出来る育毛剤もありますし、妊娠中からヘアケアを行っておく事で頭皮環境が良くなって、産後抜け毛リスクを減らす事も出来ます。

 

両親や旦那に頼って休息の時間を作ったり、睡眠時間を確保したり、普段と違う事を行ってストレス発散させたりといった事は有効であります。

産後の抜け毛の予備知識

部位別抜け毛対策法

育毛剤ってホントに効くの?安全で正しい選び方講座

産後の抜け毛体験談

産後の抜け毛Q&A

このページの先頭へ