MENU

産後の薄毛にはウィッグって思っていませんか?ウィッグでは解決にはなりません

産後の薄毛にウィッグが合わない理由って?

 

産後の薄毛には「ウィッグ」を使うといいんじゃないのかな?って思ってる人も中にはいるんじゃないかと思います。確かに最近では、昔よりも手軽に使えるようになったことと、技術の進歩によって以前より自然でかなりわかりにくくなってることからそう思ってる人もかなりいるんじゃないでしょうか?

 

でも・・・、よく考えてみてください。

 

そもそもウィッグって言うのは、「今すぐ薄くなってる部分を隠したい」とか緊急性がある場合にはすごくいいし便利だと思いますが、産後の薄毛のように「今日だけじゃない」ような場合にはそんなに適したものではないんですね。

 

個人差もありますが、産後の薄毛は長い人で1年ぐらい続く人もいます。さらには、通常は元通りにはならないとしても、症状が徐々に治ってくるのが普通なんですが、中には産後からずっと薄毛のままって方も実際いらっしゃいます。

 

そんな時、ずっとウィッグを使って生活したいと思いますか?

 

お出かけの際には装着して・・・。定期的なメンテナンスもして・・・。
考えただけでも嫌気がさしてきますよね。

 

ハッキリ言って面倒くさいし、こんな状態って嫌ですよね?少なくても私は絶対に嫌ですね。

 

 

そもそも産後の薄毛にはどうしてウィッグが合わないのかをまとめてみました。
ちょっと目を通してみてくださいね。

 

 

・隠すだけでは薄毛の根本的な解決にはならない
・ウィッグを着けることで、頭皮の環境が悪くなり、さらに症状を悪化させる可能性がある。
・費用がかかる(メンテナンス費用も)
・子育ての中、着け外しなど面倒くさい。(中にはせっかく持ってるんだけど、付け忘れをしてしまうケースも・・・)

 

 

どうでしょうか?
納得できる部分があるんじゃないでしょうか?

 

ハッキリ言っておきますが、産後の薄毛に関しては「ウィッグ」は合わないんです。

 

 

それでもウィッグでどうにかしたいあなたには

 

上で、ウィッグは産後の薄毛に適していないってことをいいました。
でも、どうしてもウィッグを使ってどうにかしたいって方も中にはいますよね。そんな方はもちろん使ってもいいと思います。

 

使う使わないはその人の自由なので、自分が思ったようにするのも1つの方法ですね。
使い方によっては、満足できる方も中にはいると思いますので。

 

ただ、先ほども言ったよに費用のことや根本的な解決にはならないってことをよく理解したうえで使うようにしましょう。

 

1つ言わせてもらうとすれば、ウィッグにすべての期待を寄せて使うのは危険ですね。

 

 

ウィッグ以外の産後の薄毛の効果的な対処の仕方

 

ウィッグ以外で効果的な対処の仕方なんですが、いくつか方法はあります。ただ、産後の薄毛に関しては効果的な対処の仕方って実際かなり限られてくるんですよね。箇条書きで書いてみるとこのようになります。

 

 

・食事や生活習慣の見直し
・育毛シャンプーを使ってみる
・育毛剤を使ってみる
・専用のクリニックに行く
・ストレスの発散

 

この中でもやはり「産後の薄毛」と言う部分でみた場合、私にはちょっと・・・ってこともあるんですよね。どうしてこの方法はいいのか、よくないのかってことをトップページにより詳しく、わかりやすく記載しています。

 

産後の薄毛に「ウィッグ」があまりよくないことはわかっていただけたと思いますが、その他の対策方法もどうしていいのか、わるいのかってことをしっかりとわかってほしいのでトップページをしっかりチェックしてみてくださいね。

 

 

今すぐトップページで詳しい内容をチェック>>

産後の抜け毛の予備知識

部位別抜け毛対策法

育毛剤ってホントに効くの?安全で正しい選び方講座

産後の抜け毛体験談

産後の抜け毛Q&A

このページの先頭へ